互換性ガイド

Red Hat Ceph Storage 5

Red Hat Ceph Storage および他の製品との互換性

概要

本ガイドでは、Red Hat Ceph Storage のさまざまなバージョンにおける、他の製品との互換性を説明します。
Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。まずは、マスター (master)、スレーブ (slave)、ブラックリスト (blacklist)、ホワイトリスト (whitelist) の 4 つの用語の置き換えから始めます。この取り組みは膨大な作業を要するため、今後の複数のリリースで段階的に用語の置き換えを実施して参ります。詳細は、弊社の CTO、Chris Wright のメッセージを参照してください。

第1章 Red Hat Ceph Storage 5.0 の互換性マトリックス

以下の表には、Red Hat Ceph Storage 5.0 との互換性がある製品およびそのバージョンが記載されています。

ホストのオペレーティングシステムバージョン注記

Red Hat Enterprise Linux

8.4 および EUS 8.4

標準のライフサイクル 8.4 が製品に含まれています(推奨)。RHEL EUS は任意です。

重要

クラスターのすべてのノードとそのクライアントは、サポートされる OS バージョンを使用して、ceph パッケージのバージョンがすべてのノードで同じである必要があります。異なるバージョンの ceph パッケージの使用はサポートされません。

重要

Red Hat では、Red Hat Ceph Storage をデプロイするホストオペレーティングシステムとしての Ubuntu の使用をサポートしなくなりました。

製品バージョン注記

Ansible

制限機能でサポート。

Cephadm へのアップグレードと変換、およびその他の最小限の Playbook でサポートされています。

Red Hat OpenShift

3.x および 4.x

RBD、Cinder、および CephFS ドライバーがサポートされています。

Red Hat OpenStack Platform

16.2

Red Hat OpenStack Platform 16.1z8 および 16.2z1 は、外部の Red Hat Ceph Storage 5 でサポートされています。Red Hat OpenStack Platform 17 は外部および director によりサポートされています。

Red Hat Satellite

6.x

コンテンツ配信ネットワーク (CDN) への登録のみがサポートされます。Red Hat Network (RHN) への登録は非推奨となり、サポート対象外になりました。

クライアントコネクターバージョン注記

S3A

2.8.x、3.2.x、および trunk

 

Red Hat Enterprise Linux iSCSI イニシエーター

iscsi-initiator-utils パッケージおよび device-mapper-multipath パッケージの最新版

VMware vSphere バージョン 6.7 および 7 に対応

バックアップの対象とする RHCSバージョン注記

CommVault

Cloud Data Management v11

 

IBM Spectrum Protect Plus

10.1.5

 

IBM Spectrum Protect サーバー

8.1.8

 

NetApp AltaVault

4.3.2 および 4.4

 

Rubrik Cloud Data Management (CDM)

3.2 以降

 

Trilio、TrilioVault

3.0

S3 ターゲット

Veeam (オブジェクトストレージ)

Veeam Availability Suite 9.5 Update 4

S3 プロトコルを使用して Red Hat Ceph Storage オブジェクトストレージでサポートされている

OpenStorage (OST) クラウドバックアップ用 Veritas NetBackup

7.7 および 8.0

 
独立ソフトウェアベンダーバージョン注記

IBM Spectrum Discover

2.0.3