第7章 非推奨の機能

本セクションでは、Red Hat Ceph Storage の本リリースまでのマイナーリリースで非推奨となった機能の概要を説明します。

Ceph 設定ファイルが非推奨に

Ceph 設定ファイル(ceph.conf)は非推奨となり、Ceph Monitor に保存されている新しい集中設定が優先されます。詳細は、Red Hat Ceph Storage Configuration GuideThe Ceph configuration databaseセクションを参照してください。

Ceph File System (CephFS) の min_compat_client パラメーターが非推奨に

Red Hat Ceph Storage 5.0 では min_compat_client パラメーターは非推奨となり、Ceph File Systems (CephFS) の設定用に新規クライアント機能が追加されます。詳細は、『Red Hat Ceph Storage ファイルシステムガイド』「クライアント機能」セクションを参照してください。

Ceph File System サブボリュームグループのスナップショットが非推奨に

Ceph File System (CephFS) サブボリュームグループのスナップショット機能は、Red Hat Ceph Storage 5.0 では非推奨になりました。既存のスナップショットは、必要に応じて一覧表示および削除できます。詳細は、『Red Hat Ceph Storage Ceph ファイルシステムガイド』「ファイルシステムサブボリュームグループのスナップショットの一覧表示」セクションおよび「ファイルシステムサブボリュームグループのスナップショットの削除」セクションを参照してください。

Cockpit Ceph インストーラーが非推奨に

Cockpit Ceph Installer を使用した Red Hat Ceph Storage クラスター 5 のインストールはサポートされていません。Cephadm を使用して Red Hat Ceph Storage クラスターをインストールします。詳細は、『Red Hat Ceph Storage インストールガイド』を参照してください。