4.10. Ceph Ansible ユーティリティー

cephadm-adopt Playbook が、新しい nfs-ganesha プールの作成時にプール上でプールアプリケーションを有効にするようになりました。

以前のバージョンでは、cephadm-adopt Playbook が新しい nfs-ganesha プールを作成すると、プールでプールアプリケーションを有効にしませんでした。これにより、1 つのプールにプールアプリケーションが有効でないという警告が表示されます。今回の更新で、cephadm-adopt Playbook は作成されたプールにプールアプリケーションを設定し、採用がなくなった後に警告が設定されます。

(BZ#1956840)

cephadm-adopt Playbook がマルチサイト設定のデフォルトレルムを作成しない

以前のバージョンでは、cephadm-adopt Playbook には、マルチサイト設定が存在しない場合でも、採用プロセス時にデフォルトのレルムを作成することが必要でした。

このリリースでは、マルチサイト設定をデプロイしていない場合に、cephadm-adopt Playbook はデフォルトのレルムの作成を強制しないようになりました。

(BZ#1988404)

Ceph Ansible cephadm-adopt.yml Playbook は、ホストの完全修飾ドメイン名を使用してノードを追加できます。

以前のバージョンでは、Ceph Ansible cephadm-adopt.yml Playbook を使用して cephadm のノードを追加するタスクは短縮ホスト名を使用し、ノードの現在の完全修飾ドメイン名(FQDN)と一致しませんでした。その結果、FQDN ホスト名に一致するものがないため、採用された Playbook が失敗しました。

今回のリリースにより、Playbook は、ansble_hostname ファクトの代わりに ansible_nodename ファクトを使用し、採用された Playbook が FQDN で設定されたノードを追加できるようになりました。

(BZ#1997083)

Ceph Ansible cephadm-adopt Playbook がコンテナーを正常にプルするようになる

以前のバージョンでは、Ceph Ansible cephadm-adopt Playbook は、採用されているストレージクラスターのコンテナーレジストリーにログインしませんでした。今回のリリースにより、Ceph Ansible cephadm-adopt Playbook のログをコンテナーレジストリーにログインし、コンテナーイメージを予想通りにプルできるようになりました。

(BZ#2000103)