4.3. Ceph ファイルシステム

ストレージクラスターが満杯になると、データの削除が許可される

以前は、ストレージクラスターが満杯になると、設定ファイルの読み取り中に Ceph Manager がプールパーミッションのチェックでハングしていました。Ceph Metadata Server (MDS)では、Ceph OSD が満杯になると書き込み操作の実行が許可されていなかったため ENOSPACE エラーが発生しました。ストレージクラスターがフル比率に達すると、ユーザーは Ceph Manager ボリュームプラグインを使用して領域を解放するためにデータを削除できませんでした。

今回のリリースで、新しい FULL 機能が導入されました。FULL 機能により、Ceph Manager は Ceph OSD のフルチェックをバイパスします。Client_check_pool_permission オプションはデフォルトで無効にされていますが、以前のリリースでは有効でした。Ceph Manager に FULL 機能がある場合、MDS は Ceph Manager の呼び出しをブロックしなくなりました。これにより、ストレージクラスターが満杯になるとサブボリュームおよびスナップショットを削除することにより、Ceph Manager が領域を解放できるようになります。

(BZ#1910272)

Ceph File System クライアントからの認証要求の処理時に Ceph モニターがクラッシュしなくなる

以前のバージョンでは、クライアントにレガシーファイルシステムを表示するパーミッションがない場合、クライアントからの認証要求を処理する際に Ceph モニターがクラッシュしていました。これにより、Ceph モニターが利用できなくなりました。今回のリリースにより、コードを更新すると、レガシーファイルシステム認証要求の処理が修正され、認証要求が想定どおりに機能するようになりました。

(BZ#1976915)

MGR ログのミリ秒ごとに表示される KeyError が修正される

以前のバージョンでは、KeyError は数ミリ秒ごとに Ceph Manager ログに記録されていました。これは、別のキーを持つ client_metadata[in_progress] ディクショナリーから要素を削除しようとすると、KeyErrorが発生するためです。そのため、ログでの他のスタックトレースを見つけることは容易ではありませんでした。今回のリリースでは、Ceph File System パフォーマンスメトリックのコードロジックおよび Ceph Manager ログの KeyError メッセージが修正されました。

(BZ#1979520)

特定のクローンの状態ではサブボリュームクローンの削除が許可されなくなる

以前は、クローンが COMPLETED または CANCELLED 状態ではない場合に、force オプションを使用してサブボリュームのクローンを削除しようとすると、進行中のクローンを追跡するインデックスからクローンが削除されませんでした。これにより、対応する cloner スレッドがクローンを無限に再試行し、最終的に ENOENT エラーが発生していました。デフォルトの cloner スレッドの数が 4 つに設定された状態で、4 つのクローンを削除しようと試みると、4 つのクローンがすべてブロック状態になり、保留中のクローンが完了しません。

今回のリリースでは、クローンが COMPLETED または CANCELLED 状態のいずれかでない限り、削除されなくなりました。クローンの削除や、継続中のクローンを追跡するインデックスのエントリーが削除されたため、クローンスレッドはブロックされなくなりました。その結果、保留中のクローンは引き続き期待どおりに完了します。

(BZ#1980920)

ceph fs snapshot mirror daemon status コマンドでファイルシステム名が必要なくなる

以前のリリースでは、ユーザーは ceph fs snapshot mirror daemon status コマンドに少なくとも 1 つのファイルシステム名を付与する必要がありました。今回のリリースにより、ユーザーはファイルシステム名をコマンド引数として指定しなくても、デーモンのステータスは各ファイルシステムを個別に表示するようになりました。

(BZ#1988338)

cephfs-mirror デーモンを停止すると、クリーンでないシャットダウンが発生する可能性があります。

以前のバージョンでは、cephfs-mirror のシャットダウンプロセス中に競合状態により、cephfs-mirror プロセスが適切に終了していませんでした。今回のリリースにより、競合状態が解決され、cephfs-mirror デーモンが正常にシャットダウンするようになりました。

(BZ#2002140)

Ceph Metadata Server がメタデータの損傷を誤報告しなくなり、失敗に関する警告がなくなりました。

以前のバージョンでは、Ceph Monitor は作成時に standby-replay デーモンにランクを割り当てていました。この動作により、Ceph Metadata Servers (MDS)に誤ったメタデータの損傷を報告し、失敗に関する警告が表示される可能性があります。今回のリリースにより、Ceph Monitor は作成時に standby-replay デーモンにランクを割り当てなくなり、誤ったメタデータの損傷や失敗警告がなくなりました。

(BZ#2002398)