2.4. Openstack が Ceph Object Gateway エンドポイントを使用していることを確認

Swift サービスを作成し、エンドポイントを設定したら、すべての設定が正しいことを確認します。

前提条件

  • 稼働中の Red Hat Ceph Storage クラスター
  • Ceph ソフトウェアリポジトリーへのアクセス

手順

  1. 構成ファイルの設定を確認します。
[root@swift~]# openstack endpoint show object-store

エンドポイントを表示すると、エンドポイントの設定とサービス設定が表示されます。

表2.2 例

フィールド

adminurl

http://radosgw.example.com:8080/swift/v1

enabled

True

id

e4249d2b60e44743a67b5e5b38c18dd3

internalurl

http://radosgw.example.com:8080/swift/v1

publicurl

http://radosgw.example.com:8080/swift/v1

region

us-west

service_id

37c4c0e79571404cb4644201a4a6e5ee

service_name

swift

service_type

object-store