付録A Keystone の統合設定オプション

設定オプションは Keystone に統合できます。利用可能な Keystone 統合設定オプションの詳細は、以下を参照してください。

重要

Ceph 設定ファイルを更新したら、新しい Ceph 設定ファイルをストレージクラスター内の全 Ceph ノードにコピーする必要があります。

rgw_s3_auth_use_keystone

詳細
true に設定すると、Ceph Object Gateway は Keystone を使用してユーザーを認証します。
ブール値
デフォルト
false

nss_db_path

詳細
NSS データベースへのパス。
文字列
デフォルト
""

rgw_keystone_url

詳細
Keystone サーバーの管理 RESTful API の URL。
文字列
デフォルト
""

rgw_keystone_admin_token

詳細
管理リクエストのために Keystone の内部に設定されるトークンまたは共有シークレット。
文字列
デフォルト
""

rgw_keystone_admin_user

詳細
keystone 管理ユーザー名
文字列
デフォルト
""

rgw_keystone_admin_password

詳細
keystone 管理ユーザーのパスワード。
文字列
デフォルト
""

rgw_keystone_admin_tenant

詳細
keystone v2.0 用の Keystone 管理ユーザーテナント。
文字列
デフォルト
""

rgw_keystone_admin_project

詳細
keystone v3 の Keystone 管理ユーザープロジェクト。
文字列
デフォルト
""

rgw_keystone_admin_domain

詳細
Keystone 管理ユーザードメイン。
文字列
デフォルト
""

rgw_keystone_api_version

詳細
使用する Keystone API のバージョン。有効なオプションは 2 または 3 です。
整数
デフォルト
2

rgw_keystone_accepted_roles

詳細
要求を提供するのに必要なロール。
文字列
デフォルト
"Member, admin"

rgw_keystone_accepted_admin_roles

詳細
ユーザーが管理者権限を取得できるようにするロールの一覧。
文字列
デフォルト
""

rgw_keystone_token_cache_size

詳細
Keystone トークンキャッシュのエントリーの最大数。
整数
デフォルト
10000

rgw_keystone_revocation_interval

詳細
トークン失効チェックの間隔 (秒単位)。
整数
デフォルト
15 * 60

rgw_keystone_verify_ssl

詳細
true の場合、Ceph は Keystone の SSL 証明書を確認します。
ブール値
デフォルト
true

rgw_keystone_implicit_tenants

詳細
同じ名前の独自のテナントに新しいユーザーを作成します。ほとんどの場合は、true または false に設定します。以前のバージョンの Red Hat Ceph Storage との互換性を確保するには、これを s3 または swift に設定することもできます。これにより、ID 領域を分割し、指定されたプロトコルのみが暗黙的なテナントを使用します。Red Hat Ceph Storage の古いバージョンの一部は、Swift を使用する暗黙的なテナントのみをサポートします。
文字列
デフォルト
false