3.2. Keystone SSL を使用するように Ceph Object Gateway を設定

Keystone が使用する OpenSSL 証明書を変換すると、Ceph Object Gateway が Keystone と連携するように設定されます。Ceph Object Gateway が OpenStack の Keystone 認証と対話すると、Keystone は自己署名 SSL 証明書で終了します。

前提条件

  • 稼働中の Red Hat Ceph Storage クラスター
  • Ceph ソフトウェアリポジトリーへのアクセス

手順

  1. OpenSSL 証明書を nss db 形式に変換します。

    [root@osp ~]# mkdir /var/ceph/nss
    
    [root@osp ~]# mkdir /var/ceph/nss openssl x509 -in /etc/keystone/ssl/certs/ca.pem -pubkey | \
        certutil -d /var/ceph/nss -A -n ca -t "TCu,Cu,Tuw"
    [root@osp ~]# mkdir /var/ceph/nss openssl x509 -in /etc/keystone/ssl/certs/signing_cert.pem -pubkey | \
        certutil -A -d /var/ceph/nss -n signing_cert -t "P,P,P"

  2. Ceph Object Gateway を実行しているノードに Keystone の SSL 証明書をインストールします。設定可能な rgw_keystone_verify_ssl の値を false に設定します。

    rgw_keystone_verify_sslfalse に設定すると、ゲートウェイは証明書の検証を試行しません。