3.4.6.2. クラスター合計容量を使用したターゲットサイズの指定

手順

  1. クラスター容量の合計の比率を使用して target size を設定します。

    ceph osd pool set pool-name target_size_ratio ratio

    以下に例を示します。

    $ ceph osd pool set mypool target_size_ratio 1.0

    システムに、target_size_ratio が設定された他のプールと比較して、プール mypool が 1.0 を消費することが予想されることをシステムに指示します。mypool がクラスター内の唯一のプールである場合、これは、合計容量の 100% が予想される使用を意味します。target_size_ratio が 1.0 である 2 番目のプールがある場合、両方のプールはクラスター容量の 50% の使用を想定します。

また、任意の --target-size-ratio <ratio> 引数を ceph osd pool create コマンドに追加すると、作成時にプールのターゲットサイズを設定することもできます。

注記

不可能なターゲットサイズ値 (クラスターの合計よりも大きな容量、または 1.0 を超える合計の割合) を指定した場合、クラスターは POOL_TARGET_SIZE_RATIO_OVERCOMMITTED または POOL_TARGET_SIZE_BYTES_OVERCOMMITTED の警告を発生させます。

プールに target_size_ratiotarget_size_bytes の両方を指定すると、クラスターは比率のみを考慮し、POOL_HAS_TARGET_SIZE_BYTES_AND_RATIO 正常性の警告を出します。