3.4.6. ターゲットプールサイズの指定

新規作成されたプールは、クラスター容量の合計を少少なく、システムが PG の数を必要とするシステムに表示されます。ただし、ほとんどの場合、クラスター管理者は、どのプールが時間とともにシステム容量を消費することを認識します。Red Hat Ceph Storage への ターゲットサイズ として知られるこの情報を提供する場合、このようなプールは最初からより適切な数の PG (pg_num) を使用できます。このアプローチは、調整を行う際に、pg_num における後続の変更やデータの移動に関連するオーバーヘッドを防ぎます。

プールの target size は、以下の方法で指定できます。

3.4.6.1. プールの絶対サイズ (バイト単位) を使用して target size を設定します。

手順

  1. プールの絶対サイズ (バイト単位) を使用して target size を設定します。

    ceph osd pool set pool-name target_size_bytes value

    たとえば、mypool が 100T の領域を消費することが予想されるようにシステムに指示します。

    $ ceph osd pool set mypool target_size_bytes 100T

また、任意の --target-size-bytes <bytes> 引数を ceph osd pool create コマンドに追加すると、作成時にプールのターゲットサイズを設定することもできます。