2.8.3. CRUSH のチューニング (難しい方法)

すべてのクライアントが最新のコードを実行していることを確認できる場合は、CRUSH マップを抽出して値を変更し、これをクラスターへ再ミラーリングすることで、調整可能パラメーターを調整できます。

  • 最新の CRUSH マップを抽出します。

    ceph osd getcrushmap -o /tmp/crush
  • 調整可能パラメーターの調整を行います。これらの値は、テストした大規模なクラスターと小規模なクラスターの両方に最適な動作を提供するように見えます。このコマンドが機能するには、crushtool--enable-unsafe-tunables 引数も指定する必要があります。このオプションは細心の注意:

    crushtool -i /tmp/crush --set-choose-local-tries 0 --set-choose-local-fallback-tries 0 --set-choose-total-tries 50 -o /tmp/crush.new
  • 変更したマップの再インジェクト:

    ceph osd setcrushmap -i /tmp/crush.new