4.16. Object Replicas の数の設定

複製されたプールにオブジェクトレプリカ数を設定するには、次のコマンドを実行します。

ceph osd pool set <poolname> size <num-replicas>
重要

<num-replicas> パラメーターにはオブジェクト自体が含まれます。オブジェクトの合計 3 つのインスタンスについて、オブジェクトとオブジェクトの 2 つのコピーを含める場合は、3 を指定します。

以下に例を示します。

ceph osd pool set data size 3

各プールに対してこのコマンドを実行することができます。

注記

オブジェクトは、pool size 設定での指定よりも少ないレプリカを持つ低下モードで I/O 操作を受け入れることができます。I/O に必要なレプリカの最小数を設定するには、min_size 設定を使用します。以下に例を示します。

ceph osd pool set data min_size 2

これにより、データプール内のオブジェクトは、min_size 設定で指定されたよりも少ないレプリカを持つ I/O を受信しないようになります。