2.5.5. PG Distribution による OSD の重みの設定

少数の OSD を持つ CRUSH 階層では、一部の OSD が他の OSD よりも長い PG を取得できるため、負荷が高くなることがあります。以下のコマンドを実行して、この状況に対処するために PG ディストリビューションで OSD を再非推奨にすることができます。

osd reweight-by-pg <poolname>

ここで、

  • poolname はプールの名前です。Ceph は、プールの PG を OSD に割り当ててから、このプールの PG ディストリビューションに従って OSD をどのように割り当てるかを検証します。複数のプールを同じ CRUSH 階層に割り当てることができることに注意してください。1 つのプールのディストリビューションに従って OSD を再実行すると、同じ CRUSH 階層に割り当てられた他のプールには、同じサイズ (レプリカの数) と PG が割り当てられていない場合に、意図しない影響が出る可能性があります。