4.18. プール値

以下の一覧には、設定または取得可能なキーと値のペアが含まれます。詳細は、「プール値の設定」および「プール値の取得」を参照してください。

size
説明
プール内のオブジェクトのレプリカ数を指定します。詳細は「オブジェクトレプリカ数の設定」セクションを参照してください。レプリケートされたプールにのみ適用可能です。
タイプ
整数
min_size
説明
I/O に必要なレプリカの最小数を指定します。詳細は「オブジェクトレプリカ数の設定」セクションを参照してください。レプリケートされたプールにのみ適用可能です。
タイプ
整数
crash_replay_interval
説明
クライアントが確認応答を再生できますが、コミットされていないリクエストを再実行できる秒数を指定します。
タイプ
整数
pg-num
説明
プールの現在の配置グループ数。適切な数を計算する方法は、Red Hat Ceph Storage 4 のConfiguration Guide「プール、PG、および CRUSH 設定リファレンス」セクションを参照してください。デフォルト値 8 は、ほとんどのシステムには適していません。
整数
必須
Yes
デフォルト
8
pgp-num
説明
配置目的の配置グループの合計数。これは、配置グループ分割シナリオを除き、配置グループの合計数と同じでなければなりません
タイプ
整数
必須
Yes指定されていない場合は、デフォルトの Ceph 設定値を選択します。
デフォルト
8
有効な範囲
pg_num 変数で指定された値以下。
crush_rule
説明
クラスター内のオブジェクトの配置にマッピングするために使用するルール。
タイプ
文字列
hashpspool
詳細
指定プールの HASHPSPOOL フラグを有効または無効にします。このオプションを有効にすると、プールのハッシュおよび配置グループのマッピングが変更され、プールと配置グループの重複が改善されます。
タイプ
整数
有効な範囲
1 はフラグを有効にし、0 はフラグを無効にします。
重要

多数の OSD およびデータを持つクラスターの実稼働プールでは、このオプションを有効にしないでください。プール内のすべての配置グループを再マッピングする必要があります。これにより、データの移動が大幅に低下します。

fast_read
説明
イレイジャーコーディングを使用するプールでは、このフラグが有効にされている場合、読み取り要求がすべてのシャードに対して読み取り要求を発行し、クライアントを提供するために十分なシャードを受信するまで待機します。jerasure プラグインおよび isa erasure プラグインの場合は、最初の K 応答が返されると、クライアントのリクエストは応答からデコードされたデータを即座に使用します。これにより、パフォーマンスを向上させるためにリソースを確保するのに役立ちます。現在、このフラグはイレイジャーコーディングプールにのみサポートされています。
タイプ
ブール値
デフォルト
0
allow_ec_overwrites
説明
イレイジャーコードのプールへの書き込みがオブジェクトの一部を更新できるかどうかで、Ceph ファイルシステムおよび Ceph ブロックデバイスがこれを使用できるようにします。
タイプ
ブール値
バージョン
RHCS 3 以降のみ。
compression_algorithm
説明
BlueStore ストレージバックエンドで使用するインライン圧縮アルゴリズムを設定します。この設定は、bluestore_compression_algorithm 設定を上書きします。
文字列
有効の設定
lz4snappyzlibzstd
compression_mode
説明
BlueStore ストレージバックエンドのインライン圧縮アルゴリズムのポリシーを設定します。この設定は、bluestore_compression_mode 設定を上書きします。
文字列
有効の設定
nonepassiveaggressiveforce
compression_min_blob_size
説明
BlueStore は、このサイズよりも小さいチャンクを圧縮しません。この設定は、bluestore_compression_min_blob_size 設定を上書きします。
未署名の整数
compression_max_blob_size
詳細
BlueStore は、データを圧縮する前に、このサイズより大きいチャンクを compression_max_blob_size の小さなブロブに分割します。
未署名の整数
nodelete
詳細
指定されたプールで NODELETE フラグを設定または解除します。
整数
有効な範囲
1 はフラグを設定します。0 はフラグの設定を解除します。
nopgchange
詳細
指定したプールに NOPGCHANGE フラグを設定または設定解除します。
整数
有効な範囲
1 はフラグを設定します。0 フラグの設定を解除します。
nosizechange
詳細
指定したプールに NOSIZECHANGE フラグを設定または設定解除します。
整数
有効な範囲
1 はフラグを設定します。0 フラグの設定を解除します。
write_fadvise_dontneed
詳細
特定のプールの WRITE_FADVISE_DONTNEED フラグを設定または解除します。
整数
有効な範囲
1 はフラグを設定します。0 フラグの設定を解除します。
noscrub
詳細
指定したプールに NOSCRUB フラグを設定または設定解除します。
整数
有効な範囲
1 はフラグを設定します。0 フラグの設定を解除します。

nodeep-scrub

詳細
指定したプールに NODEEP_SCRUB フラグを設定または設定解除します。
整数
有効な範囲

1 はフラグを設定します。0 フラグの設定を解除します。

scrub_min_interval
説明
負荷が低い際のプールスクラビングの最小間隔 (秒単位)。0 の場合、Ceph は osd_scrub_min_interval の設定を使用します。
double
デフォルト

0

scrub_max_interval
説明
クラスター負荷のプールスクラビングが最大の間隔 (秒単位)。0 の場合、Ceph は osd_scrub_max_interval の設定を使用します。
double
デフォルト

0

deep_scrub_interval
説明
プール 'deep' スクラビングの間隔 (秒単位)。0 の場合、Ceph は osd_deep_scrub_interval の設定を使用します。
double
デフォルト
0