第3章 配置グループ (PG)

配置グループ (PG) は Ceph クライアントには表示されませんが、Ceph Storage クラスターの重要な役割を果たします。

Ceph Storage Cluster では、ストレージ容量に数万もの OSD が必要になる可能性があります。Ceph クライアントは、オブジェクトをプールに保存します。プールには、クラスターの論理サブセットです。プールに保存されているオブジェクトの数は、数百万以上のものでも簡単に実行できます。オブジェクト数またはそれ以上のシステムが、オブジェクトごとの配置を現実的に追跡できず、適切に実行することができません。Ceph はオブジェクトを配置グループに割り当て、配置グループを OSD に割り当て、動的かつ効率的に分散できるようにします。

 

コンピューターのすべての問題は、間接化が過剰に発生する問題を除き、別のレベルの間接方法で解決できます。

 
 -- David Wheeler

3.1. 配置グループについて

プール内のオブジェクト毎のオブジェクトの配置を追跡することは、スケーリング時に計算が高くなります。スケーリング時に高パフォーマンスを容易にするために、Ceph はプールを配置グループに分割し、各個別のオブジェクトを配置グループに割り当て、配置グループを プライマリー OSD に割り当てます。OSD の失敗やクラスターのリバランスを行う場合、Ceph は配置グループ全体を移動するか、または複製できます。たとえば、配置グループのすべてのオブジェクトを個別に対応する必要はありません。これにより、Ceph クラスターは効率的にリバランスまたはリカバリーを実行できるようになります。

About PGs

CRUSH が配置グループを OSD に割り当てると、最初の主要な OSD の一連の OSD を計算します。レプリケートされたプールの場合は osd_pool_default_size 設定から 1 を引いた、イレイジャーコーディングされたプール用のコーディングチャンク M の数が、データを永続的に失わない配置グループを保存できる OSD の数を決定します。プライマリー OSD は CRUSH を使用してセカンダリー OSD を特定し、配置グループのコンテンツをセカンダリー OSD にコピーします。たとえば、CRUSH がオブジェクトを配置グループに割り当て、配置グループがプライマリー OSD として OSD 5 に割り当てられる場合、CRUSH が OSD 1 および OSD 8 がセカンダリー OSD を計算すると、プライマリー OSD 5 はデータを OSD 1 および 8 にコピーします。クライアントの代わりにデータをコピーすると、Ceph はクライアントのインターフェースを単純化し、クライアントのワークロードを減らします。同じプロセスにより、Ceph クラスターは動的リカバリーおよびリバランスが可能です。

CRUSH Hierarchy

プライマリー OSD が失敗し、クラスターの印が付けられた場合、CRUSH は配置グループを別の OSD に割り当てます。これにより、配置グループ内のオブジェクトのコピーを受け取ります。Up Set 内の別の OSD は、プライマリー OSD ロールを想定します。

オブジェクトレプリカ数を増やすか、または共存する場合、CRUSH は各配置グループを必要に応じて追加の OSD に割り当てます。

注記

PG は OSD を所有しません。CRUSH は、多くの配置グループを各 OSD 擬似リソースに割り当て、データをクラスター全体で均等に分散できるようにします。