3.3. PG 数

プール内の配置グループ数では、クラスターのピアがデータおよびリバランスの分散方法などの重要な役割を果たします。小規模なクラスターでは、配置グループの数を増やすことで、大規模なクラスターと比較してパフォーマンスが向上されません。ただし、同じ OSD に多数のプールを持つクラスターは、Ceph OSD がリソースを効率的に使用するように PG 数を考慮しないといけない場合があります。

ヒント

Red Hat は、OSD あたり 100 から 200 PG を推奨します。

3.3.1. PG Calculator

PG の計算ツールを使用して、特定のユースケースに対応する配置グループの数を計算しています。PG の計算ツールは、通常同じルール (CRUSH 階層) を使用して Ceph Object Gateway などの Ceph クライアントを使用する場合に特に役立ちます。引き続き、小規模クラスターの PG 数 および PG 数の計算 に関するガイドラインを使用して手動で PG を手動で計算することもできます。ただし、PG の計算方法は、PG を計算するのに推奨される方法です。

詳細は、Red Hat カスタマーポータル「Ceph Placement Groups (PGs) per Pool Calculator」を参照してください。