3.5. PG コマンドラインリファレンス

ceph CLI では、プールの配置グループ数の設定および取得、PG マップの表示、PG の統計の取得を行うことができます。

3.5.1. PG の数の設定

プール内の配置グループの数を設定するには、プールの作成時に配置グループの数を指定する必要があります。詳細は、「プールの作成」を参照してください。プールの作成後に配置グループの数を変更するには、以下を実行します。

ceph osd pool set {pool-name} pg_num {pg_num}

配置グループの数を増やしたら、クラスターがリバランスする前に、配置 (pgp_num) の配置グループの数も増やす必要があります。pgp_numpg_num と同じである必要があります。pgp_num は、CRUSH アルゴリズムによって配置される配置グループの数になります。pg_num を増やすと、配置グループが分割されますが、配置の配置グループ(pgp _num )を増やすまで、データは新しい配置グループに移行されません。配置の配置グループの数を増やすには、以下のコマンドを実行します。

ceph osd pool set {pool-name} pgp_num {pgp_num}

PG の数を減らすと、pgp _num は自動的に調整されます。