2.3.3. CRUSH 階層内での OSD の移動

Ansible 自動化アプリケーションなど、デプロイメントユーティリティーで OSD が準最適な CRUSH ロケーションで CRUSH マップに追加された場合や、クラスタートポロジーが変更された場合は、CRUSH 階層内の OSD を移動して実際の場所を反映させることができます。

重要

CRUSH 階層で OSD を移動すると、Ceph は OSD に割り当てられる配置グループを再計算することを意味します。これにより、データが大幅に再分配される可能性があります。

CRUSH 階層内の OSD を移動するには、以下を実行します。

ceph osd crush set {id-or-name} {weight} root={pool-name}  [{bucket-type}={bucket-name} ...]
注記

ceph osd crush create-or-move を使用して、CRUSH 階層内で OSD を移動することもできます。