3.2.2. データディストリビューション

Cepth はホットスポットを避けるようにします。一部の OSD は、その他の OSD よりも多くのトラフィックを受信します。理想的には、CRUSH は配置グループにオブジェクトを均等に割り当て、配置グループが OSD (またはランダムに擬似) に割り当てられる場合でも、プライマリー OSD は、クラスター全体に均等に分散され、ホットスポットやネットワークオーバーサブスクリプションの問題が発生しないようにオブジェクトをストアします。

CRUSH は各オブジェクトの配置グループを計算するが、実際にはこの配置グループ内の各 OSD に保管されるデータの量を認識しないため、配置グループの数と OSD の数の比率が、データの分散に大きく影響する可能性があります

たとえば、3 つのレプリカプールに OSD が 10 個しかない配置グループが 1 つしかない場合、Ceph は CRUSH には他の選択がないために 3 つの OSD だけを使用します。より多くの配置グループを利用できる場合、CRUSH はオブジェクトを OSD 全体に均等に分散させる可能性が高くなります。また、CRUSH は配置グループを OSD に均等に割り当てます。

OSD よりも多くの配置グループの順序が 1 つまたは 2 つまたは 2 つある限り、ディストリビューションも OSD よりも多くの配置グループで構成される必要があります。たとえば、OSD 3 つは 300 の配置グループ、10 個は OSD 用 1000 の配置グループなどとなります。

OSD と配置グループの割合は、通常、オブジェクトストライピングのような高度な機能を実装する Ceph クライアントのデータ分散の問題を解決します。たとえば、4TB ブロックデバイスでは、4MB オブジェクトになる可能性があります。

CRUSH はオブジェクトサイズを考慮しないため、OSD と配置グループ間の比率は、他のケースで不均等なデータ分散に対応しませんlibrados インターフェースを使用して、いくつかの比較的小さなオブジェクトといくつかの非常に大きなオブジェクトを格納すると、データの分散が不均一になる可能性があります。たとえば、10 個の OSD 上に 1,000 個の配置グループの中に、合計 100 万個の 4K オブジェクトが均等に配置されています。OSD ごとに 4GB / 10 = 400MB を使用します。プールに 400MB オブジェクト 1 つが追加されると、オブジェクトの配置先の配置グループをサポートする 3 つの OSD で 400MB + 400MB = 800MB が使用され、残りの 7 つの OSD は 400MB のみで占有されます。