4.3. プールの作成

プールを作成する前に、Red Hat Ceph Storage 4 の『設定ガイド』「プール、PS、および CRUSH 設定リファレンス」を参照してください。

注記

Red Hat Ceph Storage 3 以降では、システム管理者は、Ceph クライアントから I/O 操作を受信するプールを表現的に有効にする必要があります。詳細は、「アプリケーションの有効化」を参照してください。プールを有効にしないと、HEALTH_WARN のステータスになります。

デフォルト値がニーズに適していないため、Ceph 設定ファイル内の配置グループ数のデフォルト値を調整してください。以下に例を示します。

osd pool default pg num = 100
osd pool default pgp num = 100

複製されたプールを作成するには、次のコマンドを実行します。

ceph osd pool create <pool-name> <pg-num> <pgp-num> [replicated] \
         [crush-rule-name] [expected-num-objects]

イレイジャーコーディングされたプールを作成するには、以下のコマンドを実行します。

ceph osd pool create <pool-name> <pg-num> <pgp-num> erasure \
         [erasure-code-profile] [crush-rule-name] [expected-num-objects]

ここで、

pool-name
説明
プールの名前。一意でなければなりません。
タイプ
文字列
必須
Yes指定されていない場合は、Ceph 設定ファイルまたはデフォルト値にリストされた値に設定されます。
デフォルト
ceph
pg_num
詳細
プールの現在の配置グループ数。適切な数を計算する方法は、「配置グループ」セクションおよびおよび 「Ceph Placement Groups (PGs) per Pool Calculator」を参照してください。デフォルト値 8 は、ほとんどのシステムには適していません。
整数
必須
Yes
デフォルト
8
pgp_num
詳細
配置目的の配置グループの合計数。この値は、配置グループ分割シナリオを除き、配置グループの合計数と同じでなければなりません。
タイプ
整数
必須
Yes指定されていない場合は、Ceph 設定ファイルまたはデフォルト値にリストされた値に設定されます。
デフォルト
8
レプリケートまたはイレイジャー
詳細
オブジェクトまたは erasure を複数維持することで失われた OSD から復旧するために 複製 することのできるプールタイプは、一般的な RAID5 機能を取得します。複製されたプールにはより多くの raw ストレージが必要であり、すべての Ceph 操作が実装されます。消去コード化されたプールにより必要な raw ストレージは少なくなりますが、この場合利用可能な操作のサブセットのみが実装されます。
タイプ
文字列
必須
No
デフォルト
replicated
crush-rule-name
説明
プールの crush ルールの名前。このルールが存在する 必要があります。レプリケートされたプールの場合、名前は osd_pool_default_crush_rule 設定で指定されたルールになります。イレイジャーコーディングされたプールの場合は、デフォルトのイレイジャーコードプロファイルまたは {pool-name} を指定すると、名前が erasure-code になります。Ceph では、ルールが存在しない場合に、指定した名前でこのルールが暗黙的に作成されます。
タイプ
文字列
必須
No
デフォルト
イレイジャーコーディングされたプールに erasure-code を使用します。複製されたプールの場合は、Ceph 設定からの osd_pool_default_crush_rule 変数の値を使用します。
expected-num-objects
説明
プールに必要なオブジェクト数この値を、負の filestore_merge_threshold 変数と共に設定すると、Ceph は配置グループをプールの作成時に分割し、ランタイムディレクトリー分割によるレイテンシーの影響を回避します。
整数
必須
No
デフォルト
0 (プールの作成時に分割されない)
erasure-code-profile
説明
イレイジャーコーディングされたプールのみの場合。イレイジャーコードプロファイルを使用します。これは、Ceph 設定ファイルの osd erasure-code-profile set 変数で定義されている既存のプロファイルでなければなりません。詳細は「コードプロファイルの消去」セクションを参照してください。
タイプ
文字列
必須
いいえ

プールの作成時に、配置グループの数を妥当な値に設定します (例: 100)。OSD ごとの配置グループの合計数も検討してください。配置グループは計算的に負荷がかかるため、多くの配置グループを持つプールが大量にある場合 (たとえば、100 個の配置グループにそれぞれ 50 プールある場合) は、パフォーマンスが低下します。終了点は、OSD ホストのパワーによって異なります。

プールの適切な配置グループ数を計算する方法は、「配置グループ」セクションおよび「Ceph Placement Groups (PGs) per Pool Calculator」を参照してください。