2.5. OSD ID の保持中に OSD ドライブの置き換え

障害のある OSD ドライブを置き換える場合は、元の OSD ID および CRUSH マップエントリーを保持できます。

注記

ceph-volume lvm コマンドのデフォルトは、OSD 用の BlueStore です。

前提条件

  • 実行中の Red Hat Ceph Storage クラスター
  • 障害の発生したディスク。

手順

  1. OSD を破棄します。

    構文

    ceph osd destroy OSD_ID --yes-i-really-mean-it

    [root@osd ~]# ceph osd destroy 1 --yes-i-really-mean-it

  2. 必要に応じて、交換ディスクを以前使用していた場合は、ディスクを ザッピングする 必要があります。

    構文

    ceph-volume lvm zap DEVICE

    [root@osd ~]# ceph-volume lvm zap /dev/sdb

    注記

    DEVICE は、ceph osd treeceph osd metadatadf などのさまざまなコマンドの出力を比較することで確認することができます。

  3. 既存の OSD ID で新規 OSD を作成します。

    構文

    ceph-volume lvm create --osd-id OSD_ID --data DEVICE

    [root@mon ~]# ceph-volume lvm create --osd-id 1 --data /dev/sdb

関連情報