3.6. Ceph OSD ノードの削除

ストレージクラスターの容量を減らすには、OSD ノードを削除します。

警告

Ceph OSD ノードを削除する前に、ストレージクラスターが 完全な比率 に到達せずにすべての OSD の内容をバックフィルするようにしてください。フル比率 に達すると、ストレージクラスターは書き込み操作を拒否するようになります。

前提条件

  • 実行中の Red Hat Ceph Storage クラスター
  • ストレージクラスター内のすべてのノードへの root レベルのアクセス。

手順

  1. ストレージクラスターの容量を確認します。

    構文

    ceph df
    rados df
    ceph osd df

  2. スクラビングを一時的に無効にします。

    構文

    ceph osd set noscrub
    ceph osd set nodeep-scrub

  3. バックフィルおよび復元機能を制限します。

    構文

    ceph tell DAEMON_TYPE.* injectargs --OPTION_NAME VALUE [--OPTION_NAME VALUE]

    [root@mon ~]# ceph tell osd.* injectargs --osd-max-backfills 1 --osd-recovery-max-active 1 --osd-recovery-op-priority 1

  4. ノード上の各 OSD をストレージクラスターから削除します。

    • Ansible の使用
    • 「コマンドラインインターフェース」の使用

      重要

      ストレージクラスターから OSD ノードを削除する場合、Red Hat は、ノード内の一度に 1 つの OSD を削除してから、次の OSD を削除する前にクラスターが active+clean 状態に回復できるようにすることを推奨します。

      1. OSD を削除したら、ストレージクラスターが ほぼ完全比率 に達していないことを確認します。

        構文

        ceph -s
        ceph df

      2. ノードのすべての OSD がストレージクラスターから削除されるまでこの手順を繰り返します。
  5. すべての OSD が削除されると、CRUSH マップからホストバケットを削除します。

    構文

    ceph osd crush rm BUCKET_NAME

    [root@mon ~]# ceph osd crush rm node2

関連情報