1.2.6. コマンドラインインターフェースを使用した Ceph Monitor の削除

Ceph Monitor を削除するには、ストレージクラスターから ceph-mon デーモンを削除し、ストレージクラスターマップを更新します。

前提条件

  • 実行中の Red Hat Ceph Storage クラスター
  • monitor ノードへのルートレベルのアクセス。

手順

  1. Ceph Monitor サービスを停止します。

    構文

    systemctl stop ceph-mon@MONITOR_ID

    [root@mon ~]# systemctl stop ceph-mon@node3

  2. ストレージクラスターから Ceph Monitor を削除します。

    構文

    ceph mon remove MONITOR_ID

    [root@mon ~]# ceph mon remove node3

  3. Ceph 設定ファイルから Ceph Monitor エントリーを削除します。設定ファイルのデフォルトの場所は /etc/ceph/ceph.conf です。
  4. Ceph 設定ファイルを、ストレージクラスターの残りの全 Ceph ノードに再配布します。

    構文

    scp /etc/ceph/CLUSTER_NAME.conf USER_NAME @ TARGET_NODE_NAME :/etc/ceph/

    [root@mon ~]# scp /etc/ceph/ceph.conf root@node3:/etc/ceph/

  5. コンテナー のデプロイメントの場合は、Ceph Monitor サービスを無効にし、削除します。

    1. Ceph Monitor サービスを無効にします。

      構文

      systemctl disable ceph-mon@MONITOR_ID

      [root@mon ~]# systemctl disable ceph-mon@node3

    2. systemd からサービスを削除します。

      [root@mon ~]# rm /etc/systemd/system/ceph-mon@.service
    3. systemd マネージャー設定を再読み込みします。

      [root@mon ~]# systemctl daemon-reload
    4. 障害が発生した Ceph Monitor ノードの状態をリセットします。

      [root@mon ~]# systemctl reset-failed
    5. ceph-mon パッケージを削除します。

      Red Hat Enterprise Linux 7

      [root@mon ~]# docker exec node3 yum remove ceph-mon

      Red Hat Enterprise Linux 8

      [root@mon ~]# podman exec node3 yum remove ceph-mon

  6. 必要に応じて、Ceph Monitor データをアーカイブします。

    構文

    mv /var/lib/ceph/mon/CLUSTER_NAME - MONITOR_ID /var/lib/ceph/mon/removed- CLUSTER_NAME - MONITOR_ID

    [root@mon ~]# mv /var/lib/ceph/mon/ceph-node3 /var/lib/ceph/mon/removed-ceph-node3

  7. 必要に応じて、Ceph Monitor データを削除します。

    構文

    rm -r /var/lib/ceph/mon/CLUSTER_NAME - MONITOR_ID

    [root@mon ~]# rm -r /var/lib/ceph/mon/ceph-node3