3.4. ノードの追加または削除に関する推奨事項

Red Hat は、ノード内の一度に 1 つの OSD を追加または削除して、次の OSD に進む前にストレージクラスターを回復させることを推奨します。これは、ストレージクラスターのパフォーマンスへの影響を最小限に抑えるのに役立ちます。ノードに障害が発生した場合は、一度に 1 つの OSD ではなく、ノード全体を一度に変更する必要がある場合があります。

OSD を削除するには、以下を実行します。

OSD を追加するには、以下を実行します。

Ceph OSD ノードを追加または削除する場合は、他の継続中のプロセスがストレージクラスターのパフォーマンスにも影響することを検討してください。クライアント I/O への影響を減らすために、Red Hat では以下を推奨します。

容量の計算

Ceph OSD ノードを削除する前に、ストレージクラスターがそのすべての OSD の内容を 完全な比率 に到達せずにバックフィルするようにしてください。フル比率 に達すると、ストレージクラスターは書き込み操作を拒否するようになります。

スクラビングを一時的に無効にする

スクラビングはストレージクラスターのデータの持続性を確保するために不可欠ですが、リソース集約型です。Ceph OSD ノードを追加または削除する前に、スクラビングの無効化とディープスクラビングの無効化、現在のスクラビングの操作を続行する前に完了させます。

ceph osd_set_noscrub
ceph osd_set_nodeep-scrub

Ceph OSD ノードを追加または削除すると、ストレージクラスターが active+clean 状態に戻り、noscrub および nodeep-scrub の設定を解除します。

バックフィルと復元の制限

妥当なデータの永続性がある場合は、パフォーマンスが劣化 (degraded) した状態での動作に問題はありません。たとえば、osd_pool_default_size = 3 および osd_pool_default_min_size = 2 を使用してストレージクラスターを操作できます。可能な限り早い復元時間用にストレージクラスターを調整することができますが、これにより Ceph クライアントの I/O パフォーマンスが大幅に影響を受ける可能性があります。最大の Ceph クライアント I/O パフォーマンスを維持するには、バックフィルと復元の操作を制限し、その操作に長い時間がかかる可能性があります。

osd_max_backfills = 1
osd_recovery_max_active = 1
osd_recovery_op_priority = 1

osd_recovery_sleep などの sleep パラメーターおよび delay パラメーターを設定することもできます。

配置グループの数を増やす

最後に、ストレージクラスターのサイズを拡張する場合は、配置グループの数を増やすことが必要となる場合があります。配置グループの数を拡張する必要がある場合、Red Hat はプレースメントグループの数を段階的に増やすことをお勧めします。配置グループの数を大幅に増やすと、パフォーマンスが大幅に低下します。

注記

詳細は、ナレッジベースの記事 How do I increase placement group (PG) count in a Ceph Cluster を参照してください。