3.3. パフォーマンスに関する考慮事項

以下の要素は通常、Ceph OSD ノードの追加時または削除時のストレージクラスターのパフォーマンスに影響します。

  • Ceph クライアントは、Ceph への I/O インターフェースの負荷を配置します。つまり、クライアントはプールに負荷を置きます。プールは CRUSH ルールセットにマップします。基礎となる CRUSH 階層により、Ceph は障害ドメインにデータを配置できます。基礎となる Ceph OSD ノードにクライアント負荷が高いプールが必要な場合、クライアントの負荷は復元時間に大きな影響を及ぼし、パフォーマンスが低下する可能性があります。書き込み操作には持続性のためにデータのレプリケーションが必要になるため、特に書き込み集約型クライアント負荷は、ストレージクラスターを回復するのに要する時間が長くなる可能性があります。
  • 通常、追加または削除している容量は、クラスターの復元に影響を及ぼします。さらに、追加または削除するノードのストレージの密度も復元時間に影響を及ぼす可能性があります。たとえば、36 OSD を持つノードは、通常、12 OSD を持つノードよりも復元にかかる時間が長くなります。
  • ノードを削除する際には、十分な容量を確保して、完全な比率 または ほぼ完全比率 に到達しないようにします。ストレージクラスターが フル比率 になると、Ceph は書き込み動作を一時停止してデータの損失を防ぎます。
  • Ceph OSD ノードは、少なくとも 1 つの Ceph CRUSH 階層にマッピングし、階層は少なくとも 1 つのプールにマップされます。CRUSH ルールセットを使用する各プールは、Ceph OSD ノードが追加または削除される際にパフォーマンスに影響が出ます。
  • レプリケーションプールは、データのディープコピーを複製するネットワーク帯域幅を使用する傾向がありますが、イレイジャーコーディングプールはより多くの CPU を使用して k+m コーディングのチャンクを計算する傾向があります。データに存在するより多くのコピーで、ストレージクラスターを回復するのにかかる時間が長くなります。たとえば、大きなプールまたは k+m チャンクの数が大きい場合は、同じデータのコピー数が少ないレプリケーションプールよりも復元にかかる時間が長くなります。
  • ドライブ、コントローラー、およびネットワークインターフェースカードはすべて、復元時間に影響を与える可能性があるスループットの特性を持ちます。一般に、10 Gbps や SSD などのスループット特性が高いノードは、1Gbps や SATA ドライブなどのスループット特性が低いノードよりも迅速に回復します。