第5章 コンテナー化されていない Red Hat Ceph Storage クラスターのコンテナー化環境への移行

非コンテナー化のベアメタル、Red Hat Ceph Storage クラスターをコンテナー化環境に手動で移行するには、ceph-ansible switch-from-non-containerized-to-containerized-ceph-daemons.yml Playbook を使用します。

前提条件

  • Red Hat Ceph Storage の非コンテナー化、ベアメタル、クラスターの実行
  • Ansible 管理ノードへのアクセス
  • ansible ユーザーアカウント
  • ansible ユーザーアカウントへの sudo アクセス

手順

  1. group_vars/all.yml ファイルを編集し、コンテナーの設定を追加します。

    ceph_docker_image_tag: "latest"
    ceph_docker_image: rhceph/rhceph-4-rhel8
    containerized_deployment: true
    重要

    ceph_docker_image_tag の場合、現在のストレージクラスターが最新バージョンである場合は latest を使用するか、適切なイメージタグを使用します。Red Hat Ceph ストレージのリリースと対応する Ceph パッケージのバージョンは何ですか?を参照。

  2. /usr/share/ceph-ansible ディレクトリーに移動します。

    [ansible@admin ~]$ cd /usr/share/ceph-ansible
  3. Ansible 管理ノードで、Ansible 移行 Playbook を実行します。

    構文

    ansible-playbook ./infrastructure-playbooks/switch-from-non-containerized-to-containerized-ceph-daemons.yml -i INVENTORY_FILE

    [ansible@admin ceph-ansible]$ ansible-playbook ./infrastructure-playbooks/switch-from-non-containerized-to-containerized-ceph-daemons.yml -i hosts

    クラスターがコンテナー化環境に切り替えていることを確認します。

  4. モニターノードで、実行中のコンテナーを一覧表示します。

    Red Hat Enterprise Linux 7

    [root@mon ~]$ sudo docker ps

    Red Hat Enterprise Linux 8

    [root@mon ~]$ sudo podman ps

関連情報