1.3.5. ceph-volume を使用した Ceph OSD の作成

create サブコマンドは prepare サブコマンドを呼び出し、activate サブコマンドを呼び出します。

前提条件

  • 実行中の Red Hat Ceph Storage クラスター
  • Ceph OSD ノードへのルートレベルのアクセス。
注記

作成プロセスに対する制御を強化する場合は、サブコマンドの prepare および activate を個別に使用して、create を使用する代わりに OSD を作成できます。この 2 つのサブコマンドを使用すると、大量のデータをリバランスせずに、新規 OSD をストレージクラスターに段階的に導入することができます。create サブコマンドを使用すると、完了直後に OSD が up および in になりますが、どちらのアプローチも同じように機能します。

手順

  1. 新規 OSD を作成するには、以下を実行します。

    構文

    ceph-volume lvm create --bluestore --data VOLUME_GROUP/LOGICAL_VOLUME

    [root@osd ~]# ceph-volume lvm create --bluestore --data example_vg/data_lv

関連情報