1.2.4. モニタリング選択ストラテジーの設定

モニター選択ストラテジーは、ネット分割を識別し、障害を処理します。選択モニターストラテジーは、3 つの異なるモードで設定できます。

  1. classic - これは、2つのサイト間のエレクターモジュールに基づいて、最も低いランクのモニターが投票されるデフォルトのモードです。
  2. disallow - このモードでは、モニターを不許可とマークできます。この場合、モニターはクォーラムに参加してクライアントにサービスを提供しますが、選出されたリーダーになることはできません。これにより、許可されていないリーダーの一覧にモニターを追加できます。モニターが許可されていないリストにある場合、そのモニターは常に別のモニターに先送りされます。
  3. connectivity - このモードは、主にネットワークの不一致を解決するために使用されます。ピアに対して各モニターによって提供される接続スコアを評価し、最も接続されたモニターと信頼できるモニターをリーダーに選択します。このモードは、クラスターが複数のデータセンターにまたがっている場合や影響を受けやすい場合に発生する可能性のあるネット分割を処理するように設計されています。このモードでは接続スコア評価が組み込まれ、最良スコアのモニターが選択されます。

他のモードで機能が必要でない限り、Red Hat は、classic モードに留まります。

クラスターを構築する前に、以下のコマンドで election_strategy を 1、2、または 3 に変更します。

構文

$ ceph mon set election_strategy {1|2|3}

  • classic の場合は “1”
  • disallow の場合は “2”
  • connectivity の場合は “3”