4.2. データセンター障害の回避

データセンターインフラストラクチャーの設定

ストレッチクラスター内の各データセンターには、ローカル機能および依存関係を反映するために異なるストレージクラスターの設定を指定できます。データの保存に役立つデータセンター間でレプリケーションを設定します。1 つのデータセンターに障害が発生しても、ストレージクラスターの他のデータセンターにデータのコピーが含まれます。

CRUSH マップ階層内での障害ドメインの設定

障害またはフェイルオーバーのドメインは、ストレージクラスター内のドメインの冗長コピーです。アクティブなドメインが失敗すると、障害ドメインはアクティブドメインになります。

デフォルトで、CRUSH マップはフラット階層内のストレージクラスターのすべてのノードを一覧表示します。ただし、最善の結果を得るには、CRUSH マップ内に論理階層構造を作成します。階層は、各ノードが属するドメインと、障害のあるドメインを含む、ストレージクラスター内のそれらのドメイン間の関係を指定します。階層内の各ドメインの障害ドメインを定義すると、ストレージクラスターの信頼性が向上します。

複数のデータセンターを含むストレージクラスターを計画する際には、CRUSH マップ階層内にノードを配置するため、1 つのデータセンターが停止した場合には、残りのストレージクラスターは稼働し続けます。

ドメイン内での障害ノードの設計

ストレージクラスター内のデータに 3 方向のレプリケーションを使用する予定の場合には、障害ドメイン内のノードの場所を考慮してください。データセンター内で停止が発生した場合は、一部のデータが 1 つのコピーにのみ存在する可能性があります。このシナリオでは、2 つのオプションがあります。

  • 標準設定で、データは読み取り専用ステータスのままにします。
  • ライブは、停止期間に 1 つのコピーのみを行います。

標準設定では、ノード間でのデータ配置のランダム性のため、すべてのデータが影響を受けるわけではありませんが、一部のデータは 1 つのコピーしか持つことができず、ストレージクラスターは読み取り専用モードに戻ります。ただし、一部のデータが 1 つのコピーにのみ存在する場合、ストレージクラスターは読み取り専用モードに戻ります。