Menu Close

10.2. 2つのNVMeデバイスの使用

この手順では、2台のNVMeデバイスでCeph for Object Gatewayの使用を展開します。

10.2.1. 既存のCephクラスタのパージ

Cephがすでに設定されている場合は、最初からやり直すためにCephをパージします。この場合は、purge-cluster.yml という名前の Ansible Playbook ファイルが提供されます。

$ ansible-playbook purge-cluster.yml -i hosts

purge-cluster.yml の使用方法は、『インストールガイド』「Ansible を使用した Ceph クラスターのパージ」を参照してください。

重要

クラスタをパージするだけでは、以下の手順でCephを再配置するためのサーバの準備ができない場合があります。Cephが使用するストレージデバイスのファイルシステム、GPT、RAID、またはその他のシグネチャが問題を引き起こす可能性があります。wipefs を使用して署名を削除する手順は、「Ansible Playbook lv-create.yml の実行」に記載されています。