Menu Close

3.5. ユースケース用のハードウェアの選択

Ceph Storageの大きなメリットは、多くのユースケースに対応できるように構成できることです。一般的にレッドハットは、特定の使用目的のためにOSDホストを同じように構成することを推奨しています。Ceph Storageクラスターの主な使用例は次の3つです。

  • 最適化した IOPS
  • 最適化されたスループット
  • 容量の最適化

これらのユースケースでは、ドライブ、HBAコントローラ、ネットワークなどの要件が異なるため、1つのノード構成でこれらのユースケースをすべて実現するために、一連の同一のホストを構成することは可能ですが、必ずしもお勧めできません。

同じホストを使用して複数のCRUSH階層を促進するには、CRUSHマップで実際のホスト名ではなく、論理的なホスト名を使用します。さらに、Ansible などのデプロイメントツールは、すべての OSD をデフォルトの [osds] グループにデプロイするのではなく、各ユースケースのためにグループを検討する必要があります。

注記

一般的には、高IOPS、高スループット、大容量など、単一のユースケースに対応するホストを構成・管理する方が簡単です。