Menu Close

7.5.6. データ配置の概要

クライアント要求を処理する際に、Ceph Object Gateway はデフォルトのストレージポリシーとして新たな throughput-optimized ターゲットを使用します。この手順を使用して、マルチサイト構成の異なるゾーンやゾーングループに同じターゲットを確立し、プールのゾーン名を適切に置き換えます。

この手順では、追加のストレージポリシーを確立します。各ターゲットとプレースメントプールのセットのネーミングは任意です。これには、faststreamingcold-storage、またはその他の適切な名前を使用できます。ただし、各セットには、ゾーングループの placement_targets の下に対応するエントリーが必要であり、ターゲットの 1 つは default_placement 設定で参照される 必要があります。また、ゾーンには、ポリシーごとに構成された対応するプールのセットが必要です。

クライアント要求が X-Storage-Policy と別のターゲットを指定しない限り、クライアントリクエストは常にデフォルトのターゲットを使用します。オブジェクトゲートウェイクライアントの使用例は、「コンテナーの作成」を参照してください。