Menu Close

3.4. 無停電電源装置の検討

Cephの書き込みはアトミックなので、Ceph OSDノードに無停電電源装置(UPS)を導入する必要はありません。しかし、Red HatはCeph MonitorノードにUPSを導入することを推奨しています。監視には、同期書き込みレイテンシーの影響を受ける leveldb を使用します。停電により破損が発生し、クラスターの状態を回復するために技術サポートが必要になることがあります。

ストレージコントローラがライトバックキャッシュを使用している場合、Ceph OSDにはUPSの使用が有効な場合があります。このシナリオでは、コントローラがライトバックキャッシュのフラッシュに間に合わない場合、UPSは停電時のファイルシステムの破損を防ぐのに役立ちます。