Menu Close

7.5.4. ゾーングループへの配置ターゲットの設定

プールの作成が完了したら、ゾーングループに配置ターゲットを作成します。ゾーングループを取得するには、次のコマンドを実行して、ゾーングループの設定を zonegroup.json というファイルに出力します。

# radosgw-admin zonegroup get [--rgw-zonegroup=<zonegroup>] > zonegroup.json

ファイルの内容は以下のようになります。

{
  "id": "90b28698-e7c3-462c-a42d-4aa780d24eda",
  "name": "us",
  "api_name": "us",
  "is_master": "true",
  "endpoints": [
    "http:\/\/rgw1:80"
  ],
  "hostnames": [],
  "hostnames_s3website": [],
  "master_zone": "9248cab2-afe7-43d8-a661-a40bf316665e",
  "zones": [
      {
        "id": "9248cab2-afe7-43d8-a661-a40bf316665e",
        "name": "us-east",
        "endpoints": [
            "http:\/\/rgw1"
        ],
        "log_meta": "true",
        "log_data": "true",
        "bucket_index_max_shards": 0,
        "read_only": "false"
      },
      {
        "id": "d1024e59-7d28-49d1-8222-af101965a939",
        "name": "us-west",
        "endpoints": [
            "http:\/\/rgw2:80"
        ],
        "log_meta": "false",
        "log_data": "true",
        "bucket_index_max_shards": 0,
        "read_only": "false"
      }
  ],
  "placement_targets": [
      {
        "name": "default-placement",
        "tags": []
      }
  ],
  "default_placement": "default-placement",
  "realm_id": "ae031368-8715-4e27-9a99-0c9468852cfe"
}

placement_targets セクションには、各ストレージポリシーが一覧表示されます。デフォルトでは、default-placement という配置ターゲットが含まれます。デフォルトの配置ターゲットは、placement_targets セクションの直後に識別されます。

throughput-optimized と呼ばれる配置ターゲットをデフォルトターゲットとして throughput-optimized とすると、ゾーングループ構成の placement_targets セクションと default_placement 設定を次のように変更する必要があります。

{
  ...
  "placement_targets": [
      {
        "name": "throughput-optimized",
        "tags": []
      }
  ],
  "default_placement": "throughput-optimized",
  ...
}

最後に、変更した zonegroup.json ファイルの設定でゾーングループ構成を設定し、期間を更新します。以下に例を示します。

# radosgw-admin zonegroup set [--rgw-zonegroup=<zonegroup>] --infile zonegroup.json
# radosgw-admin period update --commit