Menu Close

7.5.5. ゾーンへの配置プールの設定

ゾーングループに新しい throughput-optimized 配置ターゲットが割り当てられたら、ゾーン設定で throughput-optimized の配置プールをマッピングします。この手順では、関連するプールへの default-placement のマッピングが、配置グループの throughput-optimized セットに置き換えられます。

「ゾーンの取得」の手順を実行し、プール名を表示します。

# radosgw-admin zone get [--rgw-zone=<zone>] > zone.json

us-west という名前のゾーンを前提とすると、ファイルの内容は以下のようになります。

{ "domain_root": ".rgw.root",
  "control_pool": ".us-west.rgw.control",
  "gc_pool": ".us-west.rgw.gc",
  "log_pool": ".us-west.log",
  "intent_log_pool": ".us-west.intent-log",
  "usage_log_pool": ".us-west.usage",
  "user_keys_pool": ".us-west.users.keys",
  "user_email_pool": ".us-west.users.email",
  "user_swift_pool": ".us-west.users.swift",
  "user_uid_pool": ".us-west.users.uid",
  "system_key": { "access_key": "", "secret_key": ""},
  "placement_pools": [
    {  "key": "default-placement",
       "val": { "index_pool": ".us-west.rgw.buckets.index",
                "data_pool": ".us-west.rgw.buckets",
                "data_extra_pool": ".us-west.rgw.buckets.non-ec"
                "index_type": 0
              }
    }
  ]
}

ゾーン設定の placement_pools セクションは、配置プールのセットを定義します。配置プールの各セットには、ストレージポリシーが定義されています。ファイルを変更して default-placement エントリーを削除し、throughput-optimized エントリーを、前のステップで作成したプールに置き換えます。以下に例を示します。

{
...
"placement_pools": [
    {  "key": "throughput-optimized",
       "val": { "index_pool": ".us-west.rgw.buckets.index",
                "data_pool": ".us-west.rgw.buckets.throughput"}
                "data_extra_pool": ".us-west.rgw.buckets.non-ec",
                "index_type": 0
    }
  ]
}

最後に、変更した zone.json ファイルからゾーン設定を設定し、期間を更新します。以下に例を示します。

# radosgw-admin zone set --rgw-zone={zone-name} --infile zone.json
# radosgw-admin period update --commit
注記

index_pool は、SSD や他の高パフォーマンスストレージを含むインデックスプールおよび CRUSH 階層を参照し、data_pool は PG に完全補完されたプール、高スループットのホストバスアダプターの CRUSH 階層、ジャーナル用の SAS ドライブおよび SSD を参照します。