Menu Close

4.2. カーネルのチューニング

本番クラスのクラスターでは、OSのチューニング、特に制限やメモリの割り当てなどが有効です。調整がクラスタ内のすべてのノードに設定されていることを確認します。その他のガイダンスについては、Red Hat のサポートにお問い合わせください。

4.2.1. OSD用の空きメモリの確保

OSD メモリー割り当て要求時にメモリー関連のエラーが不十分な状態を防ぐためには、ceph-ansible ノードの group_vars/all.ymlos_tuning_params オプションを設定します。このオプションでは、予備として保持する物理メモリの量を指定します。推奨される設定は、システムRAMの容量に基づいています。以下に例を示します。

  • 64GBのRAMの場合、1GBを確保します。

    vm.min_free_kbytes = 1048576
  • 128GBのRAMの場合、2GBを確保します。

    vm.min_free_kbytes = 2097152
  • 256GBのRAMの場合、3GBを確保する。

    vm.min_free_kbytes = 3145728