Menu Close

第8章 ゲートウェイの設定

Ceph Object Gatewayの本番準備の最終ステップとして、Civetweb、ファイアウォールポート、DNS、ロードバランサーの設定を行います。トピックは以下の通りです。

8.1. Civetweb の設定

Ceph Object Gateway の「インストール」時に選択した内容に応じて、Ceph 構成ファイルには 「レルムの作成」に関連する手順からの追加の変更を加えた Ceph ObjectGateway の各インスタンスのエントリーがすでに含まれています。

デフォルト設定の最も一般的な設定変更は、Ansible が設定したデフォルトのポート 8080 を別のポート (80 など) に変更することです。「CivetWeb ポートの変更」を参照してください。

また、Civetweb特有の設定もあります。詳細は、「Civetweb 設定オプション」を参照してください。

オーバーライド可能な追加設定があります。詳細は、「Object Gateway 設定リファレンス」を参照してください。

注記

その他の使用例」のセクションでは、Ceph Object Gatewayをサードパーティのコンポーネントと一緒に使用する場合の詳細な構成例を説明します。