Menu Close

第4章 クラスターの設定

本番クラスタの初期設定は、概念実証システムの設定と同じです。唯一の大きな違いは、最初の導入時に本番レベルのハードウェアを使用することです。まず、『Red Hat Ceph Storage 4 インストールガイド』の「Red Hat Ceph Storage のインストール要件」の章に従い、各ノードで適切な手順を実施します。以下のセクションでは、生産クラスターに関連する追加のガイダンスを提供します。

4.1. ホストの命名

ホストに名前を付ける際には、その使用目的とパフォーマンスプロファイルを考慮してください。例えば、クライアントのデータを保存するホストであれば、ハードウェアの構成やパフォーマンスプロファイルに応じて名前を付けることを検討します。以下に例を示します。

  • data-ssd-1, data-ssd-2
  • hot-storage-1hot-storage-2
  • sata-1sata-2
  • sas-ssd-1sas-ssd-2

この命名規則により、クラスターの管理や、ハードウェアの問題が発生した際のトラブルシューティングが容易になるかもしれません。

ホストに複数のユースケースに対応したハードウェアが含まれている場合(例えば、データ用の SSD、ジャーナル用の SSD を搭載した SAS ドライブ、およびコールド・ストレージ用のジャーナルが同居する SATA ドライブが含まれている場合)、ホストの一般的な名前を選択します。以下に例を示します。

  • osd-node-1 osd-node-2

汎用ホスト名は、CRUSH階層で論理的なホスト名を使用する場合、必要に応じて拡張することができます。以下に例を示します。

  • osd-node-1-ssd osd-node-1-sata osd-node-1-sas-ssd osd-node-1-bucket-index
  • osd-node-2-ssd osd-node-2-sata osd-node-2-sas-ssd osd-node-2-bucket-index

詳細は、「CRUSH マップの論理ホスト名」を参照してください。