Menu Close

第9章 その他のユースケース

クラスタが稼働したら、さらに検討すべきユースケースがあります。

9.1. マルチサイトでクラスタを拡張する

ストレージ戦略を策定する際、「レルムの作成」の手順では、クラスターが独自のレルム、マスターゾーングループ、マスターゾーンを持つマルチサイトを使用するようにすでに構成されていることを確認しました。

一般的な本番クラスタでは、災害時のバックアップとして、物理的に別の場所に独自のCeph Storage Clusterを持つセカンダリゾーンがあります。セカンダリーゾーンを設定するには、本ガイドの手順を繰り返します。一般的に、セカンダリゾーンはマスターゾーンと同じハードウェア構成とサイジングであるべきです。詳細は、「セカンダリーゾーンの設定」を参照してください。

セカンダリーゾーンを追加すると、「フェイルオーバーおよび災害リカバリー」機能がクラスターに追加されます。

gateway realm