2.2. Beast フロントエンドの使用

Ceph Object Gateway は CivetWeb および Beast 埋め込み HTTP サーバーをフロントエンドとして提供します。Beast フロントエンドは、HTTP 解析に Boost.Beast ライブラリーを使用し、非同期ネットワーク I/O に Boost.Asio ライブラリーを使用します。Red Hat Ceph Storage バージョン 3.x では、CivetWeb がデフォルトのフロントエンドとなり、Beast フロントエンドは Red Hat Ceph Storage 設定ファイルの rgw_frontends で指定する必要があります。Red Hat Ceph Storage バージョン 4.0 の時点で、Beast フロントエンドはデフォルトであり、Red Hat Ceph Storage 3.x からのアップグレードにより、rgw_frontends パラメーターが自動的に Beast に変更になります。