3.8. 用途

Ceph Object Gateway は、各ユーザーの使用状況をログに記録します。日付範囲内でユーザー使用状況を追跡することもできます。

オプションは次のとおりです。

  • 開始日: --start-date オプションを使用すると、特定の開始日から使用統計をフィルタリングできます (形式: yyyy-mm-dd[HH:MM:SS])。
  • 終了日: --end-date オプションを使用すると、特定の日付までの使用をフィルタリングできます (形式: yyyy-mm-dd[HH:MM:SS])。
  • ログエントリー: --show-log-entries オプションを使用すると、ログエントリーを使用統計に含めるかどうかを指定できます (オプション: true | false)。
注記

時間は分秒で指定することができますが、1 時間の解像度で保存されます。

3.8.1. 使用方法の表示

使用状況の統計を表示するには、usage show を指定します。特定のユーザーの使用状況を表示するには、ユーザー ID を指定する必要があります。また、開始日、終了日、およびログエントリーを表示するかどうかを指定することもできます。

# radosgw-admin usage show \
                --uid=johndoe --start-date=2012-03-01 \
                --end-date=2012-04-01

また、ユーザー ID を省略することで、全ユーザーの使用状況情報の概要を表示することもできます。

# radosgw-admin usage show --show-log-entries=false

3.8.2. 使用方法のトリミング

大量の使用により、使用状況ログはストレージ領域を占有し始めることができます。すべてのユーザーおよび特定ユーザーの使用状況ログをトリミングすることができます。また、トリミング操作の日付範囲を指定することもできます。

[root@master-zone]# radosgw-admin usage trim --start-date=2010-01-01 \
                    --end-date=2010-12-31

[root@master-zone]# radosgw-admin usage trim --uid=johndoe
[root@master-zone]# radosgw-admin usage trim --uid=johndoe --end-date=2013-12-31