第2章 設定

2.1. Beast および CivetWeb フロントエンドの Web サーバー

Ceph Object Gateway はフロントエンドとして Beast および CivetWeb を提供し、どちらも C/C++ の組み込み Web サーバーです。

Beast

Red Hat Ceph Storage 4 以降は、デフォルトのフロントエンド Web サーバーになります。Red Hat Ceph Storage 3 からアップグレードすると、rgw_frontends パラメーターが自動的に Beast に変更になります。Beast は Boost.Beast C++ ライブラリーを使用して HTTP を解析し、Boost.Asio を使用して非同期ネットワーク I/O を行います。

CivetWeb

Red Hat Ceph Storage 3 では、CivetWeb がデフォルトのフロントエンドですが、それに応じて rgw_frontends オプションを設定して Beast を使用することもできます。Civetweb は、Mongoose プロジェクトのフォークである HTTP ライブラリーです。