第4章 設定リファレンス

次の設定は、[client.rgw.<instance_name>] セクションの下の Ceph 構成ファイル (通常は ceph.conf) に追加できます。設定にデフォルト値を含めることができます。Ceph 設定ファイル内の各設定を指定しない場合には、デフォルト値は自動的に設定されます。

[client.rgw.<instance_name>] セクションで設定された構成変数は、コマンドで instance_name が指定されていない rgw または radosgw-admin コマンドには適用されません。したがって、すべての Ceph Object Gateway インスタンスまたはすべての radosgw-admin コマンドに適用されることを意図した変数を [global] セクションまたは [client] セクションに配置して、instance_name 指定を回避できます。

4.1. 一般設定

名前詳細デフォルト

rgw_data

Ceph Object Gateway のデータファイルの場所を設定します。

文字列

/var/lib/ceph/radosgw/$cluster-$id

rgw_enable_apis

指定した API を有効にします。

文字列

s3、swift、swift_auth、admin すべての API

rgw_cache_enabled

Ceph Object Gateway キャッシュが有効であるかどうか。

ブール値

true

rgw_cache_lru_size

Ceph Object Gateway キャッシュのエントリー数。

整数

10000

rgw_socket_path

ドメインソケットのソケットパス。FastCgiExternalServer はこのソケットを使用します。ソケットパスを指定しないと、Ceph Object Gateway は外部サーバーとして実行されません。ここで指定するパスは、rgw.conf ファイルで指定されたパスと同じである必要があります。

文字列

該当なし

rgw_host

Ceph Object Gateway インスタンスのホスト。IP アドレスまたはホスト名を指定できます。

文字列

0.0.0.0

rgw_port

インスタンスがリクエストをリッスンするポート。指定しないと、Ceph Object Gateway は外部の FastCGI を実行します。

文字列

なし

rgw_dns_name

提供されるドメインの DNS 名。ゾーングループ内での hostnames の設定も参照してください。

文字列

なし

rgw_script_uri

リクエストで設定されていない場合は SCRIPT_URI の代替値。

文字列

なし

rgw_request_uri

リクエストで設定されていない場合は REQUEST_URI の代替値。

文字列

なし

rgw_print_continue

稼働中の場合は 100-continue を有効にします。

ブール値

true

rgw_remote_addr_param

リモートアドレスパラメーター。たとえば、リモートアドレスを含む HTTP フィールド、またはリバースプロキシが動作している場合は X-Forwarded-For アドレス。

文字列

REMOTE_ADDR

rgw_op_thread_timeout

オープンスレッドのタイムアウト(秒単位)。

整数

600

rgw_op_thread_suicide_timeout

Ceph Object Gateway プロセスが終了するまでの timeout 時間 (秒単位)。0 に設定すると無効です。

整数

0

rgw_thread_pool_size

スレッドプールのサイズ。

整数

100 スレッド。

rgw_num_control_oids

異なる rgw インスタンス間でキャッシュの同期に使用される通知オブジェクトの数。

整数

8

rgw_init_timeout

Ceph Object Gateway が初期化を断念する秒数。

整数

30

rgw_mime_types_file

MIME タイプのパスおよび場所。オブジェクトタイプの Swift 自動検出に使用されます。

文字列

/etc/mime.types

rgw_gc_max_objs

1 つのガベージコレクションの処理サイクルにおいてガベージコレクションによって処理されるオブジェクトの最大数。

整数

32

rgw_gc_obj_min_wait

オブジェクトが削除され、ガベージコレクションの処理によって処理されるまでの最小待機時間。

整数

2 * 3600

rgw_gc_processor_max_time

連続するガベージコレクションの処理サイクルの開始日までの最大時間。

整数

3600

rgw_gc_processor_period

ガベージコレクション処理のサイクル時間。

整数

3600

rgw_s3 success_create_obj_status

create-obj の代替成功ステータス応答。

整数

0

rgw_resolve_cname

rgw が要求ホスト名フィールドの DNS CNAME レコードを使用するべきかどうか (ホスト名が rgw_dns 名と等しくない場合)。

ブール値

false

rgw_object_stripe_size

Ceph Object Gateway オブジェクトのオブジェクトストライプのサイズ。

整数

4 << 20

rgw_extended_http_attrs

オブジェクトに設定できる属性の新しいセットを追加します。これらの追加属性は、オブジェクトを配置する際に HTTP ヘッダーフィールドで設定できます。設定すると、オブジェクトで GET/HEAD を実行すると、これらの属性は HTTP フィールドとして返されます。

文字列

なし。例: "content_foo, content_bar"

rgw_exit_timeout_secs

無条件で終了するまでプロセスを待機する秒数。

整数

120

rgw_get_obj_window_size

単一のオブジェクト要求のウィンドウサイズ(バイト単位)。

整数

16 << 20

rgw_get_obj_max_req_size

Ceph Storage クラスターに送信される 1 回の get 操作の最大リクエストサイズ。

整数

4 << 20

rgw_relaxed_s3_bucket_names

ゾーングループバケットの緩和された S3 バケット名ルールを有効にします。

ブール値

false

rgw_list buckets_max_chunk

ユーザーバケットの一覧表示時に単一操作で取得するバケットの最大数。

整数

1000

rgw_override_bucket_index_max_shards

バケットインデックスオブジェクトのシャードの数。値が 0 の場合は、シャード化がないことを示します。Red Hat では、バケットの一覧のコストを増やすため、大きすぎる値 (1000など) を設定することは推奨されません。

この変数は、 [client] セクションまたは [global] セクションで設定して、radosgw-admin コマンドに自動的に適用されるようにする必要があります。

整数

0

rgw_num_zone_opstate_shards

ゾーングループ間のコピー進捗情報を保持するシャードの最大数。

整数

128

rgw_opstate_ratelimit_sec

単一のアップロードで opstate 更新の間隔。0 レート制限を無効にします。

整数

30

rgw_curl_wait_timeout_ms

特定の curl 呼び出しのタイムアウト (ミリ秒単位)。

整数

1000

rgw_copy_obj_progress

ロングコピー操作中のオブジェクト進捗の出力を有効にします。

ブール値

true

rgw_copy_obj_progress_every_bytes

コピー進捗の出力間の最小バイト。

整数

1024 * 1024

rgw_admin_entry

管理リクエスト URL のエントリーポイント。

文字列

admin

rgw_content_length_compat

CONTENT_LENGTH AND HTTP_CONTENT_LENGTH セットを使用して、FCGI 要求の互換性処理を有効にします。

ブール値

false

rgw_bucket_default_quota_max_objects

デフォルトのバケットごとのオブジェクトの最大数。他のクォータが指定されていない場合、この値は新規ユーザーに設定されます。既存のユーザーには影響しません。

この変数は、 [client] セクションまたは [global] セクションで設定して、radosgw-admin コマンドに自動的に適用されるようにする必要があります。

整数

-1

rgw_bucket_quota_ttl

キャッシュされたクォータ情報が信頼できる秒数です。このタイムアウト後、クォータ情報はクラスターから再取得されます。

整数

600

rgw_user_quota_bucket_sync_interval

クラスターに同期する前にバケットクォータ情報が累積される時間(秒単位)。この間に、他の RGW インスタンスはこのインスタンス上の操作からバケットクォータ統計の変更を表示しません。

整数

180

rgw_user_quota_sync_interval

クラスターに同期するまでのユーザークォータ情報が累積される時間(秒単位)。この間に、他の RGW インスタンスには、このインスタンス上の操作によるユーザークォータ統計の変更は表示されません。

整数

3600 * 24