第1章 概要

Ceph Object Gateway は RADOS ゲートウェイ (RGW) としても知られている、librados 上に構築されたオブジェクトストレージインターフェースで、RESTful ゲートウェイを Ceph ストレージクラスターに提供します。Ceph Object Gateway は以下の 2 つのインターフェースをサポートします。

  1. S3 準拠: Amazon S3 RESTful API の大規模なサブセットと互換性のあるインターフェースでオブジェクトストレージ機能を提供します。
  2. Swift 準拠: OpenStack Swift API の大規模なサブセットと互換性のあるインターフェースでオブジェクトストレージ機能を提供します。

Ceph オブジェクトゲートウェイは、Ceph Storage クラスターと対話するためのサーバーです。OpenStack Swift および Amazon S3 と互換性のあるインターフェースを提供するため、Ceph オブジェクトゲートウェイは独自のユーザー管理を持ちます。Ceph オブジェクトゲートウェイは、Ceph ブロックデバイスクライアントからのデータを保存するのに使用する同じ Ceph Storage クラスターにデータを保存できますが、これは別個のプールと異なる CRUSH 階層に関連する可能性があります。S3 および Swift API は共通の namespace を共有するため、1 つの API でデータを作成し、もう一方と取得することができます。

gateway