3.12. Object Gateway データレイアウトパラメーター

これは、Ceph Object Gateway のデータレイアウトパラメーターの一覧です。

既知のプール:

.rgw.root
オブジェクトごとに 1 つの、指定されていない地域、ゾーン、およびグローバル情報レコード。
ZONE.rgw.control
notify.N
ZONE.rgw.meta

さまざまな種類のメタデータを持つ複数の namespace

Namespace: root

BUCKET .bucket.meta.BUCKET:MARKER # see put_bucket_instance_info()

テナントはバケットを明確にするために使用されますが、バケットインスタンスには使用されません。

.bucket.meta.prodtx:test%25star:default.84099.6
.bucket.meta.testcont:default.4126.1
.bucket.meta.prodtx:testcont:default.84099.4
prodtx/testcont
prodtx/test%25star
testcont

namespace: users.uid

USER オブジェクト内のユーザーごとの情報 (RGWUserInfo) と、USER .buckets オブジェクトの omap 内のバケットのユーザーごとのリストの両方が含まれます。空でない場合には、USER にそのテナントが含まれる場合があります。

prodtx$prodt
test2.buckets
prodtx$prodt.buckets
test2

namespace: users.email
Unimportant
namespace: users.keys

47UA98JSTJZ9YAN3OS3O

これにより、Ceph Object Gateway は認証中にアクセスキーでユーザーを検索できます。

namespace: users.swift
test:tester
ZONE.rgw.buckets.index
オブジェクトの名前は .dir.MARKER で、それぞれにバケットインデックスが含まれます。インデックスがシャード化されている場合、各シャードはマーカーの後にシャードインデックスを追加します。
ZONE.rgw.buckets.data

default.7593.4__shadow_.488urDFerTYXavx4yAd-Op8mxehnvTI_1 MARKER_KEY

マーカーの例は、default.16004.1 または default.7593.4 です。現在の形式は ZONE です。INSTANCE_IDBUCKET_ID ですが、一度生成されたマーカーは再度解析されないため、今後その形式が自由に変更される可能性があります。

関連情報