5.11. マルチサイトでの手動によるバケットのリシャード化

Red Hat Ceph Storage は、マルチサイトクラスターの動的なバケットリシャード化をサポート しません。マルチサイトクラスターでシャードバケットを手動でリシャードするには、以下の手順を使用します。

注記

手動によるリシャード化は、特に手動のリシャードを保証する大規模なバケットについて非常にコストのかかるプロセスです。すべてのセカンダリーゾーンはすべてのオブジェクトを削除してから、マスターゾーンからそれらを再同期します。

前提条件

  • すべての Ceph Object Gateway インスタンスを停止します。

手順

  1. マスターゾーングループのマスターゾーン内のノードで、以下のコマンドを実行します。

    構文

    # radosgw-admin bucket sync disable --bucket=BUCKET_NAME

    すべてのゾーンsync status が、データの同期が最新であることを報告するのを待ちます。

  2. すべて のゾーンで すべてceph-radosgw デーモンを停止します。
  3. マスターゾーングループのマスターゾーン内のノードで、バケットを再シャードします。

    構文

    # radosgw-admin bucket reshard --bucket=BUCKET_NAME --num-shards=NEW_SHARDS_NUMBER

  4. セカンダリーゾーンで、以下を実行します。

    構文

    # radosgw-admin bucket rm --purge-objects --bucket=BUCKET_NAME

  5. すべて のゾーンで すべてceph-radosgw デーモンを再起動します。
  6. マスターゾーングループのマスターゾーン内のノードで、以下のコマンドを実行します。

    構文

    # radosgw-admin bucket sync enable --bucket=BUCKET_NAME

メタデータ同期プロセスは、更新されたバケットエントリーポイントおよびバケットインスタンスのメタデータを取得します。データ同期プロセスは完全な同期を実行します。

関連情報