5.3. オブジェクトゲートウェイのインストール

Ceph Object Gateway をインストールするには、Red Hat Ceph Storage 4 {install-rhel-guide}[「Red Hat Enterprise Linuxのインストールガイド」]を参照してください。

すべての Ceph Object Gateway ノードは、「Red Hat Ceph Storage のインストール要件」セクションにリストされているタスクに従う必要があります。

Ansible は、Ceph Storage クラスターで使用するために Ceph Object Gateways をインストールし、設定することができます。マルチサイトおよびマルチサイトグループのデプロイメントでは、ゾーンごとに Ansible を設定する必要があります。

Ansible を使用して Ceph Object Gateway をインストールする場合、Ansible Playbook は初期設定を処理します。Ansible を使用して Ceph Object Gateway をインストールするには、ホストを /etc/ansible/hosts ファイルに追加します。[rgws] セクションの下に Ceph Object Gateway ホストを追加して、Ansible に対するそのロールを識別します。ホストに連続する命名がある場合は、範囲を使用できます。以下に例を示します。

[rgws]
<rgw-host-name-1>
<rgw-host-name-2>
<rgw-host-name[3..10]>

ホストを追加したら、Ansible Playbook を再実行できます。

注記

Ansible はゲートウェイが確実に実行されるようにするため、デフォルトのゾーンおよびプールは手動で削除する必要があります。本ガイドでは、これらの手順を説明します。

非同期更新で既存のマルチサイトクラスターを更新する場合は、更新のインストール手順に従います。次に、ゲートウェイインスタンスを再起動します。

注記

インスタンスを再起動するのに必要な順序はありません。Red Hat は、マスターゾーングループおよびマスターゾーンを最初に再起動し、次にセカンダリーゾーングループおよびセカンダリーゾーンを再起動することを推奨します。