5.6. アーカイブ同期モジュールの設定(テクノロジープレビュー)

アーカイブ同期モジュールは、Ceph オブジェクトゲートウェイの S3 オブジェクトのバージョン管理機能を使用してアーカイブゾーンを持ちます。アーカイブゾーンには、アーカイブゾーンに関連付けられたゲートウェイでのみ削除できる S3 オブジェクトの履歴があります。すべてのデータ更新とメタデータを取得して、S3 オブジェクトのバージョンとして統合します。

重要

アーカイブ同期モジュールはテクノロジープレビュー機能です。テクノロジープレビュー機能は、Red Hat の本番環境のサービスレベルアグリーメント(SLA)ではサポートされず、機能的に完全ではないことがあるため、Red Hat では実稼働環境での使用は推奨していません。これらの機能により、今後の製品機能への早期アクセスが可能になり、開発プロセス中に機能のテストやフィードバックの提供が可能になります。詳細は、「Red Hat テクノロジープレビュー機能のサポート範囲」を参照してください。

前提条件

  • 稼働中の Red Hat Ceph Storage クラスター
  • root または sudo アクセス
  • Ceph Object Gateway のインストール

手順

  1. archive 階層を使用して新しいゾーンを作成する際に、アーカイブ同期モジュールを設定します。

構文

radosgw-admin zone create --rgw-zonegroup={ZONE_GROUP_NAME} --rgw-zone={ZONE_NAME} --endpoints={http://fqdn:port}[,{http://fqdn:port] --tier-type=archive

[root@master-zone]# radosgw-admin zone create --rgw-zonegroup=us --rgw-zone=us-east --endpoints={http://fqdn:port}[,{http://fqdn:port}] --tier-type=archive

関連情報