2.6. Civetweb 設定オプション

以下の Civetweb 設定オプションは、RADOS Gateway の Ceph 設定ファイルに組み込まれた Web サーバーに渡すことができます。各オプションにはデフォルト値があり、値が指定されていない場合、デフォルト値は空になります。

オプション詳細デフォルト

access_log_file

アクセスログ用のファイルへのパス。フルパス、または現在の作業ディレクトリーへの相対パス。存在しない(デフォルト)の場合、アクセスはログに記録されません。

error_log_file

エラーログ用のファイルへのパス。フルパス、または現在の作業ディレクトリーへの相対パス。存在しない(デフォルト)の場合、エラーはログに記録されません。

num_threads

ワーカースレッドの数。Civetweb は、各着信接続を個別のスレッドで処理します。そのため、このオプションの値は、同時 HTTP 接続 Civetweb が処理できる数です。

50

request_timeout_ms

ネットワークの読み取りおよびネットワーク書き込み操作のタイムアウト(ミリ秒単位)。クライアントが長期間実行される接続を維持する予定の場合は、この値を増やすか(better)は keep-alive メッセージを使用します。

30000

このオプションの一部が設定された /etc/ceph/ceph.conf ファイルの例を以下に示します。

...

[client.rgw.node1]
rgw frontends = civetweb request_timeout_ms=30000 error_log_file=/var/log/radosgw/civetweb.error.log access_log_file=/var/log/radosgw/civetweb.access.log