2.3. Beast 設定オプション

以下の Beast 設定オプションは、RADOS Gateway の Ceph 設定ファイルの組み込み Web サーバーに渡すことができます。各オプションにはデフォルト値があります。値の指定がない場合は、デフォルト値は空になります。

オプション詳細デフォルト

endpoint および ssl_endpoint

address[:port] 形式のリスニングアドレスを設定します。アドレスはドット付き 10 進数形式の IPv4 アドレス文字列、または 16 進数表記の IPv6 アドレスが角括弧で囲まれている IPv6 アドレスです。任意のポートのデフォルトは、endpoint8080 になり、ssl_endpoint443 になります。endpoint=[::1] endpoint=192.168.0.100:8000 のように複数回指定できます。

ssl_certificate

SSL 対応のエンドポイントに使用する SSL 証明書ファイルへのパス。

ssl_private_key

SSL 対応のエンドポイントに使用される秘密鍵ファイルへの任意のパス。ssl_certificate で指定されているファイルがない場合は、秘密鍵として使用されます。

tcp_nodelay

一部の環境でのパフォーマンスの最適化。

SSL を使用する Beast オプションのある /etc/ceph/ceph.conf ファイルの例:

...

[client.rgw.node1]
rgw frontends = beast ssl_endpoint=192.168.0.100:443 ssl_certificate=<path to SSL certificate>

関連情報