2.8. ロギングおよびデバッグ出力の調整

設定手順が完了したら、ロギングの出力をチェックして、必要に応じて内容を確認します。設定に問題が発生した場合には、Ceph 設定ファイルの [global] セクションでメッセージおよびデバッグメッセージを増やし、ゲートウェイを再起動して設定の問題のトラブルシューティングを行うことができます。以下に例を示します。

[global]
#append the following in the global section.
debug ms = 1
debug civetweb = 20

RGW デバッグログの場合は、Ceph 設定ファイルの [client.rgw.{instance}] セクションに以下のパラメーターを追加します。

[client.rgw.rgw1.rgw0]
...
debug rgw = 20

実行時にこれらの設定を変更することもできます。以下に例を示します。

# ceph tell osd.0 injectargs --debug_civetweb 10/20

Ceph ログファイルは、デフォルトで /var/log/ceph に保存されています。

ロギングおよびデバッグに関する一般的な情報は、『Red Hat Ceph Storage 設定ガイド』「Ceph デバッグおよびログ設定」セクションを参照してください。